片頭痛を知ろう

頭痛はいろいろ

頭痛には、どんな種類があるのでしょうか?


頭痛は、『一次性頭痛』と『二次性頭痛』に分けられます。『一次性頭痛』は、片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛や三叉神経(さんさしんけい)・自律神経性頭痛といった、脳や体に病気がないのに起こる慢性頭痛のことをいいます。

その一方で、脳や体になんらかの病気があって発生する頭痛のことを『二次性頭痛』といい、病気の原因はさまざまです。中には生命の危険もある病気も含まれるため、注意深い診察が必要になります。まずは、自分の頭痛がどれに当てはまるのか理解することが大切です。

片頭痛のタイプ


片頭痛は、国際頭痛学会の診断基準で「前兆のない片頭痛」と「前兆のある片頭痛」に分けられています。

『前兆のない片頭痛』は、頭の片側がズキズキと脈打つような強い頭痛発作を繰り返す病気で、痛みは数時間から長い時には3日程度持続します。歩いたり階段の昇り降りなどの動作により頭痛がひどくなることが特徴で、頭痛と同時に気分が悪くなったり吐き気をもよおしたり、光や音に敏感なるといった症状を伴うこともあります。

『前兆のある片頭痛』は、特徴的な前兆が頭痛の前に現れ、その後に『前兆のない片頭痛』と同様の頭痛が起こります。特徴的な前兆としてよく知られているものには、『閃輝暗点(せんきあんてん)』と呼ばれる、キラキラとした光が見えたり、視野の一部が見にくくなるといった視覚症状があります。その他には、感覚がにぶくなる感覚症状や言葉を発しにくくなる言語症状などがあります。前兆の持続時間は一般的に1時間以内です。

『閃輝暗点(せんきあんてん)』(キラキラとした光が見えたり、

視野の一部が見にくくなるといった視覚症状)

二次性頭痛が疑われる場合は?

二次性頭痛は、病気などの原因により引き起こされる頭痛です。原因となる病気には命にかかわるものもあり、例えば「くも膜下出血」の発症時には雷のような激しい頭痛が突然起こります。他にも脳腫瘍、髄膜炎など、多様な原因が考えられますが、原因となる病気を治療すれば頭痛も治まります。緊急を要する場合もありますので、早めに医療機関を受診するようにしてください。

監修:獨協医科大学 副学長 平田幸一先生

協力:JPAC(頭痛医療を促進する患者と医療従事者の会)